富谷市の不動産売却、売りのポイントはどこ?

宮城県黒川郡富谷市は、東北自動車道沿線の町。

理由は定かではありませんが、地価は上昇しています。

富谷市の不動産売却のタイミングは、今が最適という事なのでしょうか?

■東北自動車道沿線一帯がまるごと上昇。

宮城県黒川郡富谷市は、東北自動車道沿線一帯の一角を占める地域です。

この界隈は、3万7605円/m2で前年比+7.19%というデータが公表されています。

基本的に不動産売却のタイミングというのは、地価が前年比でどの程度上昇しているかを最初に調べます。

ただし調べた価格が実勢価格か路線価なのかが問題です。

公表されている土地価格はたいがい路線価なので注意が必要です。

■路線価で動向をつかんで実勢価格で決める。

路線価は国税局、公示価格は国土交通省が土地の価格の実態を調査するために、鉄道沿線別・地域別に平均値を算出したもので、間違いではありませんが取引価格ではありません。

そこでこうした路線価でだいたいの相場をつかんだら、富谷市周辺の不動産屋さんに行って、実際の取引価格(実勢価格)を聞いてみましょう。

話しづらいようなら、店の表に貼りだしてある一軒家やマンションの売出価格(中古)をチェックします。

その売値から30%-35%程度差し引いた額が、不動産売却によって元の売り主(オーナー)が家を手放したときの値段です。

■富谷市は前年比で+7.19という高い地価上昇率になっています。

実勢価格ではもう少し高値で取引されているはず。

いまが売り時かも知れません。

富谷市の地価がなぜ上昇しているのか、まず理由を突き止め、不動産売却時の交渉準備をすすめましょう。

新幹線や東京オリンピック関連など、富谷市に中長期的な上昇要因があるなら1年程度待ってみてもプラスです。