宮城県黒川郡富谷市の不動産売却は?高くは売れない?

Posted by admin on 2016年10月21日 under 富谷市の不動産売却について | Comments are off for this article

宮城県黒川郡富谷市は、地方の町だから高値で不動産売却することは不可能なのでしょうか。

高値上昇の機運はすでにきているのかも知れません。

■高値で売れるかどうかは周辺のインフラ次第。

必ずしも富谷市の不動産売却が高値で成立しないというものではありません。

たとえばインフラ事業などで大がかりな工事が富谷市周辺で敢行されていれば、地価は上昇し、商業施設が集まって、また地価が上がるという好循環を果たします。

その波の高いところの一歩手前で不動産売却をかければ、タイミングを逃さずに、そのときの高値で富谷市の不動産売却を成功させたことになります。

■インフラの重要幹線道が要因なら高値もアリ。

たとえば宮城県黒川郡富谷市には、インフラの重要幹線道である東北自動車道があります。

調べてみるとこのあたり一帯は、前年比+7.19(3万7605円/m2)という非常に高い地価上昇率となっています。

富谷市であれどこの不動産売却であれ、通常は3%、5%の地価上昇でも売買のタイミングとされ、逆に10%を超えると下落を警戒して売買が足踏み状態になることさえあります。

不動産売却はその意味で非常にむずかしい取引ですが、富谷市の地価上昇原因が中長期のインフラにあるのなら、高値で不動産売却できるチャンスです。

■あまり高望みせず欲をかかず、売ろうと思ったときに不動産売却するのが正解です。

アメリカ大統領選挙の影響で一時マーケットは大きく変化しました。

参考サイト紹介・・・不動産価格はまだ上昇するのか? 「トランプ相場」の裏を読む

もちろん不動産関係も例外ではなく、価格が上がり不動産売却を考えている方も少なくはありません。

ですが、土地を高く売ろうと、さらなる地価上昇を狙っていると失敗します。

富谷市に限ったことではなく、土地は最高値の一歩手前で売るのが鉄則です。

一軒家でもマンション住戸でも同じことです。

株取引とは違うので注意しましょう。

富谷市の現状なら不動産売却してもいい時期です。

Comments are closed.