富谷市で中古一戸建てを探すなら…質のいい中古の見極め方

Posted by admin on 2016年12月7日 under 富谷市の不動産売却について | Comments are off for this article

富谷市の家を不動産売却して新たに中古物件を購入する場合は、売り買いのタイミングが大事。

下記のポイントは売り急いだり買い急いだりしないことを大前提にしています。

焦るほどいい買い物ができなくなります。

■まず地盤や基礎、耐震性のチェックから。

質のいい中古一戸建ての見極め方ですが、第1には地盤・地質を確かめておくべきです。

地震や水害で地質の善し悪しがクローズアップされました。

むずかしいところですが、富谷市の役所に行けば調べられます。

建物の基礎がしっかりしていても、地盤沈下してしまったら元も子もありません。

次に建物と基礎、耐震性です。

リフォーム物件ではなく、リノベーションの中古を探しましょう。

見てくれの良さよりも大事です。

下水道管や電気配線が新しくなっているかが大事です。

■雨の日、寒い冬の日に内覧してチェック。

富谷市の中古住宅でもリノベーションしていれば施工会社の証明書が発行されているはずです。

建物に入ったら、床にビー玉を転がして建物が水平かどうか、傾きを調べます。

建物の雨漏りを調べるには雨の日に内覧に行きます。

懐中電灯持参で四隅を照らします。

冬場の寒い時期に行けば、窓周辺の結露をチェックできます。

これは富谷市であっても富谷市でなくても、中古物件を購入するときの常識的なポイントです。

■不動産売却した富谷市の物件との差額、ローンの残債などはありませんか?収支や残高を細かく計算して、その上で中古物件の予算を見積もりましょう。

建物のチェックばかりでなく、富谷市の不動産売却する物件と新しく購入する中古物件との釣り合いを考えておきましょう。

“富谷市で二世帯住宅”など、特段の予定がない限り、不動産売却額の8割程度で購入額を見積もっておくのが賢明です。

Comments are closed.